« 災害時には これで対応!! | トップページ

2015年12月17日 (木)

インフルエンザ かな? と思ったら

■どこの病院を受診すればよいですか?

 受診する医療機関の発熱患者対応の診療時間や入り口などが分かっていますか?
 もし、分からない場合には、まず電話をしてから受診方法について相談しましょう。

①発熱患者の診療をしている医療機関がどこにあるか分からない方
保健所などに設置されている発熱相談センターに電話をして、どの医療機関に行けばよいか相談しましょう。
 
②発熱患者の診療をしている近隣の医療機関が分かっている方
発熱患者の診療をしている医療機関に電話をして、受診時間などを聞きましょう。事前に電話をしないまま、直接行かないように気をつけましょう。
 
③慢性疾患などがあってかかりつけの医師がいる方
かかりつけの医師に電話をして、受診時間などを聞きましょう。事前に電話をしないまま、直接行かないように気をつけましょう。
 

 

■家族がいる場合の注意点
同居している家族への感染を確実に予防することは困難です。
ただし、なるべく感染しないように、以下のことを心がけてください。

患者であるあなたは・・・
保健所などに設置されている発熱相談センターに電話をして、どの医療機関に行けばよいか相談しましょう。
    患者の同居者は・・・
  • 患者の看護をしたあとなど、手をこまめに洗いましょう
  • 可能なら患者と別の部屋で過ごしましょう
  • マスクの感染予防効果は限定的ですが、患者と接するときには、なるべくマスクを着用しましょう
  • ※ 患者の使用した食器類や衣類は、通常の洗濯・洗浄及び乾燥で消毒できます

 とくに、持病があったり、妊娠している方などが同居している場合には、なるべく別の部屋で過ごすようするなど、より確実な感染予防を心がけてください。

また、念のためかかりつけの医師に相談しておきましょう。

医師の判断により、予防のためのお薬が処方されることがあります。

 

■外出は?
熱がさがっても、インフルエンザの感染力は残っていて、あなたは他の人に感染させる可能性があります。
完全に感染力がなくなる時期については、明らかでなく、個人差も大きいと言われます。
少なくとも次の期間は外出しないように心がけましょう。

熱がさがってから2日目まで

ただし、現在流行している新型インフルエンザについては、発熱などの症状がなくなってからも、しばらく感染力がつづく可能性があることが、様々な調査によって明らかになっています。

ですから、あなたが新型インフルエンザに感染していると診断されている場合や、あなたの周囲で新型インフルエンザが流行している場合には、発熱などの症状がなくなっても、周囲の方を守るため、さらに次の期間についてもできるだけ外出しないようにしてください。

発熱や咳(せき)、のどの痛みなど
症状がはじまった日の翌日から7日目まで

 
 

     ★風を引かないように うがい 手洗い で予防しましょう♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

                  ニコニコTOPへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 災害時には これで対応!! | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2194260/63015083

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ かな? と思ったら:

« 災害時には これで対応!! | トップページ

フォト
無料ブログはココログ